[結婚]結婚祝い用の表書きと水引・のしの選び方について

結婚祝いは本来、結納の式が済んだ翌日から、遅くとも新居へ荷物を運ぶ前日までに贈るもので、お祝い金や品物を持参し、祝福の言葉を述べるものです。

しかし現代では、披露宴の会場受付でお祝い金を手渡すことが殆どです。

結婚祝いを贈る場合は「二度と繰り返すことのないように」との意味から全て紅白か金銀の結び切りの水引を用います。また、祝儀袋はお祝い金の金額に釣り合うものを選びましょう。中に入れるお札は新札にします。

お祝いの品をデパートなどから直接贈る場合は、荷物送りの日を事前に確認しておき、日数に十分の余裕を見て贈り、品物が到着する前にお祝いの手紙が届くようにすると良いでしょう。

なお、結婚祝いの金額の目安は次のとおりとなります。
4・9万円は「死」や「苦」を連想させるため、避けましょう。
また、以前は割り切れる偶数は慶事には縁起が悪いとされていましたが、最近ではペアを表す「2」は良いとされています。ただし「8」については、末広がりとも言われますが「4」に分かれ「死に別れ」を連想することから避けられています。

披露宴に出席する場合

贈り先 年代別 出席者別
20代 30代 40代 50代以上 夫のみ 妻のみ 夫婦で
勤務先の同僚 2~3万円 3万円 3万円 3万円 3万円 3万円 ---
勤務先の部下 2~3万円 2~3万円 3万円 3万円 3万円 3万円 5万円
取引先関係 3万円 3万円 3~5万円 3~5万円 3~5万円 --- ---
兄弟姉妹 5万円 5~10万円 5~10万円 --- --- --- 10万円
甥・姪 --- 3~5万円 5~10万円 5~10万円 5万円 3万円 10万円
いとこ 2~3万円 3~5万円 3~5万円 3~5万円 3万円 3万円 5万円
その他の親戚 --- 3万円 5万円 5万円 3~5万円 3~5万円 5~10万円
友人・知人 2~3万円 2~3万円 3万円 3万円 3万円 3万円 5万円
友人・知人の家族 --- --- 3万円 5万円 5万円 --- ---

披露宴に出席しない場合

贈り先 年代別
20代 30代 40代 50代以上
勤務先の同僚 5,000円 5,000~1万円 5,000~1万円 5,000~1万円
勤務先の部下 5,000~1万円 5,000~1万円 5,000~1万円 5,000~1万円
取引先関係 1万円 1万円 1~2万円 1~2万円
兄弟姉妹 --- --- --- ---
甥・姪 --- 1~3万円 2~5万円 3~5万円
いとこ 1~2万円 1~2万円 2~3万円 2~3万円
その他の親戚 --- 1~2万円 1~2万円 1~2万円
友人・知人 5,000円 5,000~1万円 5,000~1万円 5,000~1万円

表書きと水引・のしの選び方一覧

表書き 特徴 参考図 作成

寿ことぶき

結婚祝いでよく使われる表書き。祝い事全般に使われる。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

ことぶき

結婚祝い全般に。「寿」よりあらたまった感じになる。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

御祝おいわい

結婚祝いだけで無く、あらゆる慶事のお祝いに。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

御慶ぎょけい

慶事一般に。目下の人には使わない。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

御結婚御祝ごけっこんおいわい

五文字にしたいときはこの書き方で1行で書く。「御結婚」の箇所を小さく書き、2行に書く事も。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

祝御結婚ごけっこんをしゅくす

祝い事で四文字が敬遠される場合もあるので注意を。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

恭賀御結婚きょうがごけっこん

恭賀は、礼儀正しく丁寧に祝うという意味。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

御栄名料ごえいめいりょう

結婚が栄えあるように、という気持ちを表しており、結婚祝いに使う。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

酒多留料さかだるりょう

祝い事に欠かせないお酒を表書きしたもの。結婚祝いに使われる。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

御贐おんはなむけ

新婦側の親戚などが、新婚旅行へのお餞別という意味で贈るお金包みに。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き

おはなむけ

「御贐」と同様に使う。結婚式当日のお祝い金とは別に、前もって品物を送るときなどにも使われる。
  • 紅白,金銀
  • 結び切り
  • のし付き
ページトップへ移動