[慶事]初誕生用の表書きと水引・のしの選び方について

日本では古くから初誕生は特別に祝うしきたりがあり、祖父母、仲人、名付け親、親戚などを招き、祝い膳を囲んで満一歳を迎えられたことを盛大に祝いました。また、この日には立ち餅、力餅と呼ばれる餅をつき、健康でたくましい子に育つようにという願いから、子供に1.8kgもある一升餅を背負わせて歩かせます。

お祝い金・品を贈る場合の相場

初誕生のお祝いに現金を贈る場合は以下が目安となります。

関係 金額
祖父母 1万~2万円
兄弟姉妹 3,000~2万円
親戚 3,000~1万円
勤務先関係 3,000~1万円
友人・知人 3,000~1万円

初誕生のお祝いに招かれた場合、現金を包むのもよいですが、せっかくなら記念になる心あたたまる品物を選んでみてもよいかもしれません。

お祝い金・品を頂いた場合のお返しと対応

招待した方からのプレゼントに対してのお返しは不要ですが、遠方の方からお祝いをいただいた場合などは、「内祝」の品にお礼状を添えて贈るとよいでしょう。

表書きと水引・のしの選び方一覧

表書き 特徴 参考図 作成

祝初誕生日はつたんじょうびをしゅくす

満一歳の誕生日を迎える御祝いとして、金品を贈るとき。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

初誕生祝はつたんじょういわい

「祝初誕生日」と同じように使う。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

御誕生日祝福おたんじょうびをしゅくふくす

「祝初誕生日」と同じように使う。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

初誕生日御祝はつたんじょうびおいわい

「祝初誕生日」と同じように使う。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

内祝うちいわい

お祝いのお返しとして。贈り主は赤ちゃんの名前にする。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き
ページトップへ移動