[慶事]成人式用の表書きと水引・のしの選び方について

満二十歳になった人を祝って、1月の第2月曜日の成人の日に全国各地で成人式が行われます。成人のお祝いは一般的にごく親しい間柄の人にだけ贈ります。

お祝い金・品を贈る場合の相場

成人式のお祝いに現金を贈る場合は以下が相場となります。

贈り先 金額
兄弟姉妹 1万~3万円
1万~10万円
親戚 1万~2万円
友人・知人 5,000~1万円
隣近所 3,000~5,000円
勤務先関係 5,000円程度

成人のお祝いに贈り物をする場合は、それにふさわしい品を贈ります。例えば、男性であればネクタイやベルト、女性ならスカーフやアクセサリーなど、成人式の装いにも使え、その後にも役に立つ小物を贈ると喜ばれることでしょう。また、お祝い金を5,000~1万円程度にして、これから先使える実用的な品を贈るという人も最近では増えています。

成人式のお祝いを贈るタイミング

現金であれば、成人式当日まででもよいのですが、成人式に使う品を贈る場合は、遅くとも式の1週間前までに贈るようにしましょう。

お祝い金・品を頂いた場合のお返しと対応

成人式のお祝いをいただいた場合のお返しは原則的に必要ありませんが、本人が手紙や電話でお礼を伝えるのが礼儀です。

初任給でお礼の品を買って贈ったり、家族であれば食事に招待するというのもよいでしょう。

また、お祝いをいただいた相手の家族に成人式を迎える人が出た場合は、そのおりに本人がお祝いを贈ります。

表書きと水引・のしの選び方一覧

表書き 特徴 参考図 作成

祝御成人ごせいじんをしゅくす

成人祝いの全般に。その年の成人の日か、二十歳の誕生日に贈る金品。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

御成人御祝おんせいじんおいわい

「祝御成人」と同様に使うが、四文字を避けたいときに。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

成人おめでとうせいじんおめでとう

身内や後輩などに贈る金品に。「成人」を小さく書き2行にしても。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

祝成人せいじんをしゅくす

成人したことを祝う表書きに。成人式などで配る御祝いの表書きによく使われる。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

賀成人式せいじんしきをがす

成人式を無事迎えたお祝いとして金品を贈るときに。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

成人式御祝せいじんしきおいわい

成人式を祝う表書きだが、四文字を避けたいときに。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き
ページトップへ移動