[日常]火事見舞い・災害見舞い用の表書きと水引・のしの選び方について

知人や親戚が地震、火事、水害、台風などの被害に遭ったという知らせを聞いたら、すぐに援助の手を差し伸べます。
近いところであれば状況を見てすぐに駆けつけ、遠方の場合はとりあえず必要な物資を送ります。

物資を送る場合

食料品、寝具、日用雑貨、医薬品、衣料品(上に着るものは新品で無くてもよいが、下着などは新品にすること)などが一般的に喜ばれます。

また、落ち着くまでの間、子供を預かったり、食料品を届けるなどの手助けも被災者にとってはとてもありがたいものです。

見舞金を贈る場合

見舞金は被災後しばらくして落ち着いた頃に贈るとよいでしょう。見舞金を包む際は、白い封筒に入れるか、奉書紙や半紙で包むなど、控えめな金包みを使用します。もちろん、水引やのしは必要ありません。
なお、お見舞い金の相場は以下となります。

贈り先 金額目安
両親・子供 1万~3万円
親戚 5,000~1万円
勤務先関係 5,000~1万円
友人・知人 3,000~5,000円
隣近所 3,000~5,000円

お見舞いを頂いた場合

お見舞いを頂いた場合、お返しは必要ありませんが、落ち着いた頃に必ずお礼状を出しましょう。
1日も早く元の生活を再建できるよう努めることが、心配をかけた人たちへの厚意に報いることになります。

表書きと水引・のしの選び方一覧

表書き 特徴 参考図 作成

火災御見舞かさいおみまい

自宅が火元で火事になった人へのお見舞い。
  • 無地の白封筒
  • 半紙や奉書紙に包んでもよい

出火御見舞しゅっかおみまい

自宅や事務所などから出火して火事になった人へのお見舞いとして。出火の原因をしつこく聞くのはタブー。
  • 無地の白封筒
  • 半紙や奉書紙に包んでもよい

類焼御見舞るいしょうおみまい

類焼で被害を受けた人へのお見舞い。類焼は、よそからの火事に巻き込まれた、という意味。
  • 無地の白封筒
  • 半紙や奉書紙に包んでもよい

近火御見舞きんかおみまい

近くで火事があって、類焼は免れたものの、なにかと騒動があってショックを受けている人へのお見舞いに。
  • 無地の白封筒
  • 半紙や奉書紙に包んでもよい

災害御見舞さいがいおみまい

地震や台風などの災害にあった人へのお見舞い。「地震御見舞」「水害御見舞」「台風御見舞」などとしてもよい。
  • 無地の白封筒
  • 半紙や奉書紙に包んでもよい

災難御見舞さいなんおみまい

不慮の事故にあった人へのお見舞いの金品に。
  • 無地の白封筒
  • 半紙や奉書紙に包んでもよい
ページトップへ移動