[日常]栄転・昇進用の表書きと水引・のしの選び方について

親しい繋がりのある人の昇進、栄転を知ったときには、直接お祝いを述べますが、離れた職場や遠方にお住まいの人ならお祝いの手紙を出すのがよいでしょう。

栄転・昇進祝いを贈る場合

栄転・昇進が確定してからお祝いをするのはもちろんですが、職場によってお祝いの仕方が異なるため、その職場の慣例に従うの原則です。

また、目上の人に贈ると失礼になる品物もあり、次にあげるものは避けた方が無難です。

靴・靴下・スリッパ・下着など
踏んだり、敷いたり、下に身につけるものは「相手を踏みつける」「下に見る」という意味に通じます。
割れ物・壊れやすい物
祝い事全般に言えますが、壊れやすい物は不吉とされ、避けられる傾向があります。
現金・商品券
最近では気にしない人もいますが、基本的には目上の人に現金を贈るのは失礼にあたるとされています。ただし、「部下一同」などとする場合は問題ないとされています。

なお、栄転・昇進祝いの金額の目安は以下となります。

贈り先 金額目安
勤務先関係 3,000~5,000円
友人・知人 5,000~1万円
兄弟姉妹 1万~3万円
親戚 5,000~1万円

栄転・昇進祝いをもらった場合

団体名義での栄転・昇進祝いをもらった場合は基本的にお返しは必要ありませんが、個人的にお世話になった人や、個人的にお祝いをいただいた人には、お礼状を出しましょう。

表書きと水引・のしの選び方一覧

表書き 特徴 参考図 作成

祝御栄転ごえいてんをしゅくす

昇進し、栄転がはっきりしている転勤の場合には「御餞別」は使わない。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

御栄転御祝ごえいてんおいわい

「祝御栄転」としてもいい。四文字を避けたいときは五文字にする。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

祝御昇進ごしょうしんをしゅくす

職場などでの昇進を祝って贈る金品に。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

御昇進御祝ごしょうしんおいわい

2行にする場合は、「御昇進」を小さめに書き、「御祝」を大きめに書く。「御栄転御祝」も同様。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

御就任御祝ごしゅうにんおいわい

昇進の御祝いだが、専務や社長など、ある程度高い地位についた人へのお祝いに使う。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

記念品きねんひん

昇進、栄転の気持ちを込めて贈る品物に。また転勤などで餞別の品を贈るときにも使う。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き
ページトップへ移動