[弔事]僧侶へのお礼用の表書きと水引・のしの選び方について

僧侶へのお礼はさまざまあり、通夜や葬儀に読経をお願いした際の「お布施」や、交通費としての「御車代」、葬儀、告別式の会場としてお寺を借りた場合は「御席料」を渡す必要があります。

また、戒名をつけて頂いた場合は、仏教の宗派によって表書きが異なり、禅宗やその他の宗派は「戒名料」となりますが、浄土宗・浄土真宗では「法名料」、日蓮宗では「法号料」となるため注意が必要です。

お布施を渡すタイミングは、告別式の後か、翌日に出向きお渡しします。

金額については、宗派や地域、お寺の格などによって異なり、お寺に確認したとしても「お志で」と言われ非常に困ることが多いのですが、一般的な金額の目安としては次のとおりとなります。

目的 金額目安
僧侶への謝礼 20万~50円
神官への謝礼 30万~50万円
牧師への謝礼 20万~30万円
お車代 1万円

同じ檀家の人や葬儀会社の担当に確認してもよいでしょう。

表書きと水引・のしの選び方一覧

表書き 特徴 参考図 作成

御布施おふせ

仏式葬儀で、お寺や送料へのお礼に。
  • 黒白,双銀
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

御経料おきょうりょう

「御布施」と同様の意味。
  • 黒白,双銀
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

御回向料ごえこうりょう

仏式の葬儀で読経をお願いしたお礼。
  • 黒白,双銀
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

読響御礼どきょうおれい

「御経料」と同様に用いる。
  • 黒白,双銀
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

御戒名料ごかいみょうりょう

仏式。戒名を付けていただいたことに対するお礼に。「御布施」とは別に包む。
  • 黒白,双銀
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

御法名料ごほうみょうりょう

「御戒名料」と同様の意味。浄土宗、浄土真宗では、戒名のことを法名と言う。
  • 黒白,双銀
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

御席料おせきりょう

葬儀・告別式の会場にお寺を借りた場合のお礼に。「御布施」とは別に包む。
  • 黒白,双銀
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

御車代おくるまだい

葬儀の際の僧侶への交通費として。通夜、葬儀が終わって僧侶が帰る際、そのつど差し上げる。
  • 黒白
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

御足衣料ごそくいりょう

仏式。「御車代と同様の意味。」
  • 黒白
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

御膳料ごぜんりょう

通夜ぶるまいの席などで、喪家や僧侶の都合で、もてなしが出来ないときに、かわりに差し上げるお金に。
  • 黒白,双銀
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し

御礼おんれい

神式の葬儀、供養の際の神官への謝礼に。
  • 双白
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し
  • 白封筒でもよい

御祈禱料ごきとうりょう

神式の葬儀で、祈禱してもらったときの神社、神官への謝礼に。
  • 双白
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し
  • 白封筒でもよい

御祭祀料みさいしりょう

神式。神官への葬儀の謝礼に。
  • 双白
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し
  • 白封筒でもよい

献金けんきん

キリスト教式葬儀や、お花代の一部を教会に寄付したり、お礼をするときに。
  • 無地の白封筒

御ミサ料おんみさりょう

キリスト教式。カトリックの葬儀で、神父へのお礼に。
  • 無地の白封筒

記念献金きねんけんきん

キリスト教式。プロテスタントの葬儀で、牧師へのお礼に。
  • 無地の白封筒

御禮おんれい

キリスト教式のいずれでも使える。神父や牧師に葬儀のお礼に。
  • 無地の白封筒

御法号料ごほうごうりょう

仏式。日蓮宗での戒名料。
  • 黒白,双銀
  • 結び切り,あわじ結び
  • のし無し
ページトップへ移動