[日常]転居・転勤用の表書きと水引・のしの選び方について

昇格・昇進が約束された栄転であれば、「御祝」で贈りますが、単純に転勤・引っ越しをする人へは「御餞別」「おはなむけ」で贈ります。 また、マイホームを購入して引っ越しをする人には「御祝」となります。

転居・転勤祝いを贈る場合

出発当日に、かさばる品物を贈るのはマナー違反となります。また、現金を贈る場合も前もって贈るのがよいでしょう。

転勤・引っ越しをする人に御餞別を贈る場合、5,000~1万円が金額の相場となります。
また、お世話になった隣近所へ挨拶を行く場合は、2,000~5,000円、転居先の隣近所へは500~2,000円が相場となります。

転居・転勤祝いをもらったら

原則、餞別やお祝いに対するお返しは不要ですが、どうしてもお礼をしたい場合は、落ち着いた頃に近況報告を兼ねたお礼状を出すとよいでしょう。

表書きと水引・のしの選び方一覧

表書き 特徴 参考図 作成

御餞別おせんべつ

引っ越しも含めて、人を送るときの全般に使う表書き。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

お餞別おせんべつ

ひらがなの「お」を使うことで、やわらかい印象の表し方。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

御贐おんはなむけ

「御餞別」と同じ意味で、人を送るときに。花嫁へのお祝いにも使う。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

おはなむけ

長旅に出る人に、馬の鼻を行き先の方向に向けた、昔の習わしからきている。餞別の意。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

御祝おいわい

念願のマイホームを購入して転居する際には、「御祝」とする。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き

粗品そしな

「粗品」は餞別の品を贈るとき、あまり大げさにしたくない場合などにも使われる。
  • 紅白
  • 蝶結び
  • のし付き
  • 白封筒でもよい
ページトップへ移動